こちらのページでは、印章(印鑑 はんこ)に関する法律知識をご紹介しています

Q7 印影の種類

①契印とは

契印とは1通の文書が2枚以上にわたるとき、その文書が一体のものであり、かつ、その順序に綴られていることを明らかにするために、文書の綴り目に両ページにまたがって押捺する印影である。

これにより、文書の一部の抜き取り差し替え等を防止できる。

数ページの文書を帯で糊付けする袋綴じの場合は、裏表紙と帯にまたがって1ヵ所契印すれば足りる。

契印に使用する印章(印鑑 はんこ)は、その文書の署名部分に押捺する印章(印鑑 はんこ)を使う。意思表示、すなわち文書の意味内容にかかわるからである。


②訂正印とは

訂正印とは、文書の字句を訂正する際に押捺する印影である。

文書の署名部分に押捺した印章と同じ印章を使い、署名者が数名いるときは全員の押捺が必要である。これも文書の意味内容にかかわるからである。

訂正部分を二重線で消し、横書きならその上、縦書きなら右横に訂正後の字句を記入し、訂正印は訂正箇所に押捺するか(訂正箇所に重ねて押す)、欄外に「〇字削除」「〇字加入」等と記載してそこに押捺する。


③捨て印とは

捨て印とは、後日の文書内容の訂正に備えてあらかじめ欄外に文書の署名部分に押捺した印章と同じ印章を使って押捺しておく印影である。前記の訂正印の事前版である。

ある程度の範囲の訂正が自由にできるため、便利ではあるが危険でもあるので、乱用は謹むべきである。


④止め印とは

止め印とは、文書の終了を示すために文書末尾に押捺する印影である。後日の不正な書き込みを防止するもので、印章でなく「以下余白」等と記入してもよい。あまり使われていない。


⑤消印とは

消印とは、収入印紙の再使用を防ぐために印紙と台紙にまたがって押捺する印影である。

使用する印章は通常文書の署名部分に押捺した印章と同じ印章を使い、また印章でなく署名でもよい。

消印を忘れると印紙税に加えて印紙税額と同額の懈怠税をとられること、前記した。


⑥割印とは

割印とは、2通以上の独立した文書がある際に、その文書が同一であるとか、関連があることを示すために、それらの文書にまたがって押捺する印影である。

割印は必ずしも文書の署名部分に押捺した印章と同じ印章を使わなくともよい。単に文書間の関連性を示すもので、文書の意味内容に関わらないからである。


back← →next

出典:矢野千秋著 『会社で役立つ日常業務の法律知識』 清文社刊


単品よりもセットが断然お得!! 変わり種印鑑、個性派のこだわりが見えるチタンや水晶です☆

個人セット チタン印鑑 石材印鑑

最新情報はSNSからどうぞ

アメブロはこちら
ameba_only_logo_ver8
ツイッターはこちら
twitter_button-300x91
フェイスブックはこちら
find_on_facebook_button-300x91
↑店主の独り言とお店の最新情報などはブログで。ほぼ毎日更新中です! ↑お店の緊急情報などはツイッターにてアップします! ↑facebookページではお店周辺の情報も発信中です!

店舗紹介

はんこ屋さん21北浦和店
〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-33-1
TEL048-767-3785
FAX048-767-3786