こちらのページでは、印章(印鑑 はんこ)に関する法律知識をご紹介しています

Q6 印鑑証明書の提出期限と保存方法

例えば法務局や公証役場などにおけるように法律上印鑑証明書を必要とされる場合は、3ヵ月または6ヵ月以内のものを要求されることが多い。したがってそのような短期間内に同一当事者間で再度印鑑証明書が必要なような場合が生ずる可能性は低いのであるから、余分に渡しても意味がないことが多く、かつ乱用されれば危険でもある。

この3ヵ月とか6ヵ月とかは、あくまで当該機関に対する印鑑証明書の提出使用期限であり、印鑑証明書自体の有効期限ではない。

実印と印鑑登録証明書・印鑑登録証(カード)は別々に保管する。全部が盗難などにあうと極めて危険だからである。

実印は印の部分が欠けると使用不可能(登記所などは受け付けてくれなくなる)となるので、注意深く取り扱い、机の上に放置したりせず、できればケースに入れて保管すべきである。

以上より、不用意に実印を他人に預けたり、印鑑登録証や印鑑登録証明書を渡したりせず、印鑑証明書を要求されたときは必ずその必要な理由を聞き、必要通数だけを渡すようにする。


back← →next

出典:矢野千秋著 『会社で役立つ日常業務の法律知識』 清文社刊


単品よりもセットが断然お得!! 変わり種印鑑、個性派のこだわりが見えるチタンや水晶です☆

個人セット チタン印鑑 石材印鑑

最新情報はSNSからどうぞ

アメブロはこちら
ameba_only_logo_ver8
ツイッターはこちら
twitter_button-300x91
フェイスブックはこちら
find_on_facebook_button-300x91
↑店主の独り言とお店の最新情報などはブログで。ほぼ毎日更新中です! ↑お店の緊急情報などはツイッターにてアップします! ↑facebookページではお店周辺の情報も発信中です!

店舗紹介

はんこ屋さん21北浦和店
〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-33-1
TEL048-767-3785
FAX048-767-3786